保険の見直しをする時期

保険の見直しをする時期

保険の見直しをする時期

保険の見直しをする時期
保険は、どのくらいのものが妥当なのか考えようと思います。例えば、社会人1年目に保険の勧誘を受け入ったとすると、その時期に保険会社が売りたい保険を勧めてくると思います。単身者には分不相応に思える保証が付いたものが多いです。そもそも、単身で扶養義務のある妻子がいるわけでもないので、基本的には医療保険のみでも大丈夫です。ある程度の預貯金があれば、その医療保険すらいらないかもしれません。

次に結婚した場合のことを考えます。男性の場合妻が仕事を辞め、主な家計の担い手になった場合と、共働きの場合とで違ってきます。妻が専業主婦で子どもが生まれた場合、子どもが大学を出るくらいまでは、ある程度の金額をカバーしてくれる定期保険が必要だと思います。妻は、医療保険と葬式代ぐらいの死亡保険を掛けておくといいと思います。共働きの場合は、妻も家計の担い手なので、妻もある程度の死亡保険と医療保険があると安心です。

また、家を購入した場合は団体信用保険に入ることが義務付けられるので、夫の定期保険を減らすことが可能となります。できれば、保険料を少なくして預貯金を増やし、老後に備えたいところです。このように、生涯払っていく部分も大きい保険なので、ライフイベントごとに(定期的に)見直しをすることをお勧めします。


Copyright(c) 2015 保険の見直しをする時期 All Rights Reserved.